なんで、稲田朋美防衛大臣は、こんなにも失言ばかりなんでしょうか。

正直言って、防衛大臣の資質はないと言わざるを得ません。

過去にも、南スーダン国連平和維持活動での自衛隊の日報の件において、

戦闘ではなく武力行使だと答弁する対応のまずさもありましたよね。

そう言えば、失言ではないけど、海上自衛隊の護衛艦の視察に来た時、

普通ならありえないであろうハイヒールを履いていましたっけ。

これまで、稲田朋美防衛大臣は、様々な失言やまずい対応がありましたが、

特にいただけなかったのが、今回問題になった東京都議選に出馬する

自民党候補の応援演説での失言ではないでしょうか。

この応援演説で「自衛隊としても応援している」と言ってしまい、

この発言が、公職選挙法違反にあたるのではないかと言われています。

確かに、防衛大臣としての地位を利用した選挙活動になるのかな

と私も発言を聞いた時は思ってしまいましたね。

私のようなド素人でも公職選挙法違反じゃないかと思ったのに、

稲田朋美防衛大臣は、そんなことも一切考えなかったんでしょうか。

本人は、会見で35回も“誤解”とおっしゃっていましたが、

「自衛隊も応援している」という意味で取られても仕方ない発言です。

まあ、稲田朋美防衛大臣は、人の言うことを全く聞かないため、

防衛省幹部とほとんど信頼関係が築けていないそうです。

たぶん、自衛隊の苦労なんて全然わかっていないんでしょうね。

防衛省幹部としっかりコミニュケーションを取って信頼関係があれば、

もう少し国会答弁が上手くいき、失言もしなかったかもしれないのに。

安倍首相が、稲田朋美防衛大臣のことをかっているようですが、

こんな人に国の安全を任せるのは不安でしかありません。

できれば、1日でも早く大臣を辞めてほしいです!

どうせ8月の内閣改造まで辞めないんでしょうけどね。