イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろ、

マグニチュード(M)6.6の地震が発生。

震源は中部の町ノルチャ北方約6キロ、深さは約10キロ。

幸いにも死者は出ていないようだが

多数の建物が倒壊。

ノルチャにある教会も倒壊。

約100キロ離れた首都ローマでも揺れを感じた。

イタリア中部では8月下旬にM6.2の地震が起き、

ノルチャに近いアマトリーチェなどを中心に約300人の死者が出た。

ノルチャ一帯は、今月26日にも2度にわたり大きな揺れに見舞われた。 

イタリア中部では8月下旬の地震以降、余震とみられる地震が続いている。

26日にもマグニチュード6.1の地震があったばかりでした。

震源の深さが10kmと浅い震源地なので、揺れは大きい。

しばらくは注視する必要がありそうです。