最近、よく話題になっている著作権の問題に、あの人がキッパリ明言!

「First Love」など多くのヒット曲を持つ宇多田ヒカルさんが、

「自分の曲を学校の授業などで使うなら著作権料は不要なので

気にしないで使ってほしい」とツイッターでコメントしていますね。

なぜ、宇多田ヒカルさんが、このようなことを明言したんでしょうか。

それは、先日発表されたJASRAC(日本音楽著作権協会)の

著作権に対する新たな方針にその理由があります。

JASRACは、ヤマハなどが運営している音楽教室の授業で使った曲の

著作権料の支払いを求めるという方針を決定したんです。

この方針決定に対して、宇多田ヒカルさんは、物申したわけです。

今まで何も言わなかったのに、今更こんなこと言われてもねぇ・・・

もし、このJASRACの方針が今後適用されるのならば、

そのしわ寄せは、教室に習いに来る生徒さんに来てしまいます。

だって、著作権料を請求された音楽教室は、

授業料を上げて生徒さんに負担してもらうしかないですからね。

もちろん、曲の著作者の権利を守るということもわかりますが、

これだと音楽を習いたくても習えない生徒が増えてしまい、

その影響で生徒の数が減ってしまう可能性があります。

そして、生徒が集まらなくなれば、音楽教室も運営できなくなります。

今回のJASRACの方針変更は、パーマ大佐の「森のくまさん」の

替え歌騒動なども、多少なりとも関係しているかもしれませんね。

いずれにしても、音楽の普及を考えたのならば、

音楽学校の授業での著作権料の請求は止めた方が良いと思います。

生活費を切り詰めてギリギリ何とか授業料を捻出している

生徒さんの気持ちも考えてあげてほしいです。

一回の授業料がそれほどアップしなかったとしても、

年間のトータルで考えたら結構な金額になるはずです。

JASRACさんは、宇多田ヒカルさんの提言を聞いて、

どのように考えているんでしょうかね。

もう一度方針を検討し直すということはないんでしょうか。