わたしの母は、3年前に右の胸にシコリがあると病院に行きました。

右の胸のシコリは乳がんでした。さらに検査の結果、左の胸にも乳がんが発見され

更にリンパ節に転移も見られるため、手術をしても生存率は低いという状況でした。

毎日泣き続けた母が、乳がんの摘出手術を受けたのは、それから2週間後のことです。

乳房を全摘出する決心をするまで、相当迷っていましたが、子供たちのためにも

生きる選択をしたのだと思います。

そんな母も、今のところ再発することなく元気で過ごしていますが、

私達に遺伝するのではと心配するばかりで、年に1回は乳がん検診を受診しています。

この3年間は、母の再発を心配しながら、自分も乳がんにならないように努力しました。

人生なんて何があるか分かりません。

あれほど幸せだった母も、胸にシコリがあると分かった日から、地獄を経験しました。

なんで私だけが・・・と悩んだはずです。

それを見ていて、わたしも本当に苦しみました。

多くの芸能人も乳がんで苦しんでいますが、乳がん検診を受けるように勧めています。

乳がんの場合、早期発見は本当に重要と聞きました。

早期発見なら、完治する確率は高いのですが、発見が遅れると癌がリンパ節に転移して

全身に広がってしまうため、生存率がものすごく低くなってしまうのです。

母のように転移していたのに3年も生きられるのは、ラッキーと言っていました、

まだ安心できる状況ではありませんが、母の戦う姿をみていると、乳がん検診が大切だと分かります。

みなさんも定期的に乳がん検診を受けてくださいね。

後悔しないために!家族のために!そして自分のために!