愛知県名古屋市県営地下鉄「栄駅」で、電車が発車するのを妨害する高齢の男性の動画がSNSで拡散されTVでも取り上げられ波紋を呼んでいます。

撮影されたのは、4月6日、名古屋一の繁華街である地下鉄東山線の栄駅でのこと。午後8時41分に名古屋駅方面に向けて出発しようとドアが閉まろうとすると、ドアの前に立っている高齢の男性が、そのドアの間に手を入れます。駅員が直ぐに飛んできて注意されますが、それでも何度もドアの間に手を入れて発車を妨害。その回数は十数回。

その日は、ナゴヤドームでコンサートがあり、コンサートを終えた多くのお客さんが栄駅で乗り換えたので多くのお客さんが乗っていたそうです。

結局、列車は1分遅れで発車することが出来ましたが、この男性も乗ったままだったので、その周りにいる乗客は不安な思いをされていたのではないだろうか。

しかし、この高齢の男性はどうしてこんなことをしたのでしょう。動画を見るとお酒を飲んでいたようにも見えますが、このような迷惑行為をする乗客に対しての法的責任はないのか?